日本語教師の求人・募集情報  中国で日本語教師をしてみませんか?
 お気に入りに追加

中国で日本語教師になりたい



 中国日本語教師になるメリット
 求人・就職面  不安な面
 キャリア形成面  日本語教師のブログ・サイト
 生活面
 比較的高い日本語教師の給与
  正規の日本語教師として教壇に立つわけですから、もちろん給与は支給されます。また、弊社でご紹介するのはすべて、国や政府の認可を受けた大学などの求人ですので、政府の規定で最低賃金が保証されています。地域によって多少の差はありますが、平均すると約3,500元です。
  日本円に換算すると6万円足らずですが、中国では決して安い給与ではありません。例えば、上海市内のタクシー運転手の平均月収は2,300元程度です。大卒の初任給2,000元前後と比較しても、それなりの収入です。


 部屋代などは学校負担
  弊社がご紹介するのは、住宅を学校が無償提供する求人だけです。部屋代は完全に無料です。また、多くの大学では光熱費も学校側が負担します。部屋で使うインターネット接続費を学校が負担する場合も多いですので、日本語教師の自己負担となる大きな出費は、実は食費程度のものです。


 貯金を作ることも可能です
  日本では日本語教師が供給過剰で、非常勤講師の職を得るのも簡単ではありません。非常勤講師の時給は1,500~2,000円が相場ですので、仮に運良く職場を得て、さらに月間100コマを持てたとしても、月収15~20万円がいいところです。実際には月間100コマ取れる人などほとんどいないはずです。
  この収入の中から、家賃や光熱費、交通費や食費を払って、果たして手元にいくら残るというのでしょうか?毎月、一定額を貯金することは本当に可能なのでしょうか?
  弊社がご紹介する中国の求人では前述の通り、家賃などが無料の学校ばかりです。宿舎は学校の構内にありますので交通費は無料。学食などを使えば1日の食費は20元(300円強)あれば足ります。
  個人差はもちろんありますが、よほどの贅沢をしない限り、日本語教師の給与で生活が成り立たないことはありえませんし、貯金を作ることも十二分に可能です。


 渡航費なども学校が負担します
  弊社がご紹介するのは、飛行機代を学校が負担する求人だけです。負担額に上限はありますが、よほどのことがない限り、本人負担にはなりません。
  また、大学によっては2,000元程度のボーナスを支給するケースもあります。2,000元といえば中国の大卒初任給に相当する金額です。
 不安な面




 日本語教師求人情報


 中国で日本語教師になる!
 はじめに
 求人応募方法
 日本語教師の求人情報
 よくあるご質問・Q&A

 中国で日本語教師になるメリット
 求人・就職面
 キャリア形成面
 生活面
 不安な面
 日本語教師のブログ・サイト

 中国での日本語教育
 日本語学習者が多い
 日本語教師の求人が多い
 日本語を教えている中国の大学

 日本語教師になる方法
 日本語教師の資格
 日本語教師の資格の取り方
 日本語教師になれる大学
 日本語教師になれる教室
 自治体の日本語教師養成講座

 日本で日本語教師になる
 日本で求人がある職場
 日本語教師の求人状況
 日本語学校リスト
 ボランティアサークルリスト






CopyRight(C) Since2008「中国で日本語教師になりたい」All Rights Reserved  サイトマップ   相互リンク   運営者情報   お問合せ
黒龍江省の求人募集 内蒙古自治区の求人募集 吉林省の求人募集 遼寧省の求人募集 北京市の求人募集 天津市の求人募集 河北省の求人募集 河南省の求人募集 山西省の求人募集 陝西省の求人募集 寧夏自治区の求人募集 甘粛省の求人募集 青海省の求人募集 新疆自治区の求人募集 山東省の求人募集 江蘇省の求人募集 上海市の求人募集 浙江省の求人募集 安徽省の求人募集 江西省の求人募集 湖北省の求人募集 湖南省の求人募集 福建省の求人募集 広東省の求人募集 海南省の求人募集 広西自治区の求人募集 貴州省の求人募集 重慶市の求人募集 四川省の求人募集 雲南省の求人募集 チベット自治区の求人募集